自炊の森 自炊スペース スキャンスペース 電子書籍化 裁断サービス 秋葉原

What's new

新着情報

【NEW】秋葉2号店閉店のお知らせ

2020年1月19日(日)で6F 秋葉2号店を閉店させていただきます。
一部の書籍は1F 秋葉原店に移設いたしますが、2号店のの自炊の種は閉店前のご利用をお願いいたします。
詳しくは こちらでご確認ください。



自炊の森はキャッシュレス決済で
5%還元の事業者です

秋葉原店入荷予定公開 (2019/11/26)

コミック・ラノベの入荷スケジュールは
こちらのリスト でご確認ください。


【 営業時間 】

      秋葉原店   秋葉2号店
月~木   15:00-22:00 休み
金     15:00-22:00 18:00-22:00
土曜    13:00-21:00 13:00-21:00
日曜/祝日 13:00-20:00 13:00-20:00
定休日   なし     月/火/水/木

Books AKIBA2

秋葉2号店の自炊の種

秋葉2号店の自炊の種 書籍情報
日常世界を哲学する 存在論からのアプローチ [ 倉田剛 ]を店内在庫本で電子化-自炊の森 秋葉2号店

日常世界を哲学する 存在論からのアプローチ


日常世界を哲学する 存在論からのアプローチの電子書籍・スキャンなら自炊の森-秋葉2号店

作者  倉田 剛

発行  光文社 

定価  880円   初版  2019-08-20   頁数  240頁

参考

重さ  約180g ※実測値と誤差がある場合があります

ブース利用料 約250円 ( 購入よりも630円お得! )


Kindle本をチェック

※AmazonAPIの仕様変更のためシステムでチェックが出来なくなりました。右の画像をクリックしてAmazonの個別ページでKindle本の存在確認をお願いします
日常世界を哲学する 存在論からのアプローチ [ 倉田剛 ]を店内在庫本で電子化-自炊の森 秋葉2号店


内容紹介

「空気」って何?「ムーミン谷」はどこ?安倍内閣の「信念」とは?
哲学の大問題の最新形
「ある」の意味をとことん考える

「存在論」とは、何かが「ある」とはどういうことかを考える哲学の一大分野である。起源は古代に遡るが、現代では、ある事実が成立するためには何が存在し、存在するもの同士はどのような関係にあるかを問題にする。例えば「安倍内閣は辺野古移転を正しいと信じている」という時の「信念」の主体は誰か、「パワハラ」は社会の中でどのように「ある」のか、「KY」の「空気」とはどのような性質を持つものかなど、あらゆる事象の前提、すなわち世界がよって立つ基礎を考察している。私たちの「当たり前」を問い直すことで、日常は違った相貌を現す。哲学の最前線を体感するスリリングな講義。

【目次】
第1章ハラスメントはいかに「ある」か?「社会的事実」を考える
第2章「空気」とは何か?「社会規範」の分析
第3章集団に「心」はあるのか?全体論的アプローチ
第4章時計は実在するのか?「人工物」のリアリティーについて
第5章サービスの存在論私たちが売買する時空的対象
第6章キャラクターの存在と同一性「人工物説」の立場から

倉田剛(くらたつよし)
1970年生まれ。九州大学大学院人文科学研究院准教授。慶應義塾大学文学部卒。パリ大学第12校DEA課程を経て、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。専門はオーストリア哲学、分析形而上学。主な著書は『現代存在論講義I・II』(新曜社)など。



内容(「BOOK」データベースより)

「存在論」とは、何かが「ある」とはどういうことかを考える哲学の一大分野である。起源は古代に遡るが、現代では、ある事実が成立するためには何が存在し、存在するもの同士はどのような関係にあるかを問題にする。具体的にはあらゆる事象の前提、すなわち世界がよって立つ基礎を考察している。私たちの「当たり前」を問い直すことで、日常は違った相貌を現す。哲学の最前線を体感するスリリングな講義。









商品の説明をすべて表示する
[ 自炊の種 関連リンク ]

倉田 剛 の全ての作品をチェックする
この本はアイコンの店舗に自炊の種として置いてあります。
ご来店いただき スキャンブース利用料 だけでスキャン・電子書籍化する事が出来ます