自炊の森 自炊スペース スキャンスペース 電子書籍化 裁断サービス 秋葉原

What's new

新着情報

営業時間変更のお知らせ

8月1日(水) から営業時間を下記の通り変更させていただきます
      秋葉原店   秋葉2号店
月~木   15:00-22:00 休み
金     15:00-22:00 18:00-22:00
土曜    13:00-21:00 13:00-21:00
日曜/祝日 13:00-20:00 13:00-20:00
定休日   なし     /火/水/木


秋葉原店入荷予定公開 (2018/10/09)

コミック・ラノベの入荷スケジュールは
こちらのリスト でご確認ください。


廃棄予定本情報

廃棄情報はツイッターで告知します。過去の廃棄情報ツイートチェックは こちらでご確認ください。

Books AKIBA2

秋葉2号店の自炊の種

秋葉2号店の自炊の種 書籍情報
クラウドゲームをつくる技術 ──マルチプレイゲーム開発の新戦力 [ 中嶋謙互 ]を店内在庫本で電子化-自炊の森 秋葉2号店

クラウドゲームをつくる技術 ──マルチプレイゲーム開発の新戦力


クラウドゲームをつくる技術 ──マルチプレイゲーム開発の新戦力の電子書籍・スキャンなら自炊の森-秋葉2号店

作者  中嶋 謙互

発行  技術評論社 

定価  2,981円   初版  2018-09-20   頁数  432頁

参考

重さ  約565g ※実測値と誤差がある場合があります

ブース利用料 約680円 ( 購入よりも2,301円お得! )



内容紹介

小さな帯域、きれいな画質へ。

クラウドゲーム開発が、新しくなる。

Webサイトの文書に端を発し、いまや人工知能に至るまで、
クラウドはあらゆるものを飲み込んでいます。

ただ、ゲームだけは、クラウドの一部になることはありませんでした。
それは、1秒あたり60回、リアルタイムに更新し続けるという、
ゲームの持つ、厳しく強い要件のためです。

しかし、通信技術が劇的に向上し、クラウドインフラが地球全体をカバーしつつある今、
いよいよクラウドがゲームを飲み込む、その瞬間が訪れるかもしれない……
と現実に考えられるようになってきました。

本書では、人気抜群のマルチプレイゲーム開発にスポットを当て、
従来からのビデオゲームにおける画面描画のプログラム構造、
クラウドにおけるソケット通信、
という二本柱で基礎知識から丁寧に解説。

さらに、クラウドゲームという新たな設計思想で、
何が変わるのかがすぐわかる、多彩な軸の7つのサンプルコードに加えて、
実運用に求められる検証や性能改善のテクニックも、この1冊に凝縮しました。

これからの時代に合った、ゲーム開発について、
新しい技術と実績のある技術とを、
一緒に、ゼロから考えてみたい、そんな方々へお届けします。

『オンラインゲームを支える技術』の著者による全面書き下ろし。




著者について

中嶋謙互(NakajimaKengo)

小学生の時からゲームプログラミングを始める。
90年代後半には、Javaアプレットを用いたブラウザ向けMMORPGを制作。
商用サービス、PC用マルチプレイゲーム、家庭用ゲームを経て、
2000年に、オンラインゲーム用ミドルウェアVCEを制作、販売開始、日本でトップシェアを達成。
2011年、『オンラインゲームを支える技術』(技術評論社)を執筆。
CEDECAWARDS2011著述賞を受賞。
中国語・簡体字版、中国語・繁体字版、韓国語版に、翻訳出版される。
2013年から、シンラ・テクノロジーでクラウドゲームの開発プラットフォームを実装。
2016年夏より、?モノビットのCTOとして通信ミドルウェア事業の開発を担当している。
現在は富山の稲作地帯において、仕事と子育てに明け暮れる日々を送る。










商品の説明をすべて表示する
[ 自炊の種 関連リンク ]

中嶋 謙互 の全ての作品をチェックする
この本はアイコンの店舗に自炊の種として置いてあります。
ご来店いただき スキャンブース利用料 だけでスキャン・電子書籍化する事が出来ます