自炊の森 自炊スペース スキャンスペース 電子書籍化 裁断サービス 秋葉原

What's new

新着情報

秋葉2号店閉店のお知らせ

2020年1月19日(日)の営業をもちまして6F 秋葉2号店は閉店させていただきました。多くのお客様に賜りましたご厚誼とご厚情に深謝申し上げます。
詳しくは こちらでご確認ください。



自炊の森はキャッシュレス決済で
5%還元の事業者です

秋葉原店入荷予定公開 (2020/01/19)

コミック・ラノベの入荷スケジュールは
こちらのリスト でご確認ください。


【 営業時間 】

月~金   15時-22時(最終受付 21:30)
土曜    13時-21時(最終受付 20:30)
日曜/祝日 13時-20時(最終受付 19:30)
定休日   なし (年末年始除く)    

Books

自炊の種

自炊の種 書籍情報
この世界は誰が創造したのか: シミュレーション仮説入門 [ 冨島佑允 ]を店内在庫本で電子化-自炊の森

この世界は誰が創造したのか: シミュレーション仮説入門


作者  冨島 佑允

発行  河出書房新社 

定価  1,650円   初版  2019-05-22   頁数  197頁

参考

重さ  約215g ※実測値と誤差がある場合があります

ブース利用料 約300円 ( 購入よりも1,350円お得! )


Kindle本をチェック

※AmazonAPIの仕様変更のためシステムでチェックが出来なくなりました。右の画像をクリックしてAmazonの個別ページでKindle本の存在確認をお願いします
この世界は誰が創造したのか: シミュレーション仮説入門 [ 冨島佑允 ]を店内在庫本で電子化-自炊の森

内容紹介

この世界はリアルかフィクションか!?シミュレーション仮説とはどんなものなのか。哲学と科学が到達した一つの結論がここに──。





内容(「BOOK」データベースより)

シミュレーション仮説で、科学・哲学・宗教はどう変わるか―。「私たちは、何者かによって作られたコンピューター・シミュレーションの世界に生きているのではないか?」という議論が真剣に交わされています。SF的で現実離れした説に思えるかもしれませんが、物理学者や哲学者から、そのような仮説が提示されているのです。本書では、シミュレーション仮説をとなえるニック・ボストロム教授やイーロン・マスクの主張を取り上げつつ、この世界が仮想現実であることを示す傍証や、シミュレーションの実行者の目的、私たちの世界観に与えるインパクトなども考えていきたいと思います。





著者について

京都大学理学部・東京大学大学院理学系研究科卒(素粒子物理学専攻)。大学院時代は世界最大の素粒子実験プロジェクトの研究員として活躍。現在は外資系生命保険会社勤務。科学や哲学の最先端研究にも精通している。





著者略歴(「BOOK著者紹介情報」より)

冨島/佑允
1982年福岡生まれ。京都大学理学部・東京大学大学院理学系研究科卒(素粒子物理学専攻)。一橋大学大学院MBAinFinance。大学院時代は世界最大の素粒子実験プロジェクトの研究員として活躍。現在は外資系生命保険会社の運用部門に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[ 自炊の種 関連リンク ]

冨島 佑允 の全ての作品をチェックする
この本は店舗に自炊の種として置いてあります。
ご来店いただき スキャンブース利用料 だけでスキャン・電子書籍化する事が出来ます