自炊の森 自炊スペース スキャンスペース 電子書籍化 裁断サービス 秋葉原

What's new

新着情報

秋葉原店入荷予定公開 (2019/06/14)

コミック・ラノベの入荷スケジュールは
こちらのリスト でご確認ください。


廃棄予定本情報

廃棄情報はツイッターで告知します。過去の廃棄情報ツイートチェックは こちらでご確認ください。


料金改定のお知らせ

2019年1月4日(金)から料金改定をさせていただきます。
1. ブース利用料金 140円 / 100g
2. 宅配裁断料金 60円 / 1冊
3. 持込裁断料金 120円 / 1冊


【 営業時間 】

      秋葉原店   秋葉2号店
月~木   15:00-22:00 休み
金     15:00-22:00 18:00-22:00
土曜    13:00-21:00 13:00-21:00
日曜/祝日 13:00-20:00 13:00-20:00
定休日   なし     /火/水/木

Books AKIBA2

秋葉2号店の自炊の種

秋葉2号店の自炊の種 書籍情報
一発屋芸人の不本意な日常 [ 山田ルイ53世 ]を店内在庫本で電子化-自炊の森 秋葉2号店

一発屋芸人の不本意な日常


一発屋芸人の不本意な日常の電子書籍・スキャンなら自炊の森-秋葉2号店

作者  山田ルイ53世

発行  朝日新聞出版 

定価  1,404円   初版  2019-01-04   頁数  240頁

参考

重さ  約270g ※実測値と誤差がある場合があります

ブース利用料 約380円 ( 購入よりも1,084円お得! )


Kindle本をチェック

※AmazonAPIの仕様変更のためシステムでチェックが出来なくなりました。右の画像をクリックしてAmazonの個別ページでKindle本の存在確認をお願いします
一発屋芸人の不本意な日常 [ 山田ルイ53世 ]を店内在庫本で電子化-自炊の森 秋葉2号店


内容紹介

「テレビ局に、入れません」
自ら「負け人生」と語る日々をコミカルにつづった、切なくも笑える渾身のエッセイ。
ある日は地方営業でワイングラスに石を投げられ、ある日はサインをネットで売られる。またある日はファンでもない人からゴミにサインを書いてと頼まれ、たまのキー局の特番では一言もしゃべれずひな壇をあとにする……。
ヤフートップニュースを幾度も賑わわせたwithnewsの大人気連載が、大幅改稿・加筆されて待望の書籍化!
なりたい自分になれなかった、すべての人へ

≪山田ルイ53世さんからのコメント≫
一発屋は、人生のしおり、記憶のポストイット。入学、卒業、結婚、出産といった人生の節目の場面には、
「そういえば、あの頃はあの芸人のギャグが流行っていたなー……」と必ず僕達の姿があります。この本もそうなれば幸いです。


目次

1 僕は一発屋
?旬?ではないもの代表
一発屋のプライド
いつにも増して自分が出ていないテレビ
ドッキリと現実が入り交じるパラレルワールド
ゴミにサインを書いた日
マスクで「芸能人きどり」
自らの不健康を祈る仕事
地方でもてはやされ、東京であしらわれ
ADが僕に渡したもの
心霊ロケで手抜きお祓い
シルクハットを脱ぐタイミング
テレビ局で味わう「場違い感」
一発屋がおびえる宴会シーズン
「不発」覚悟の新ネタ
芸人泣かせ「食リポ」の舞台裏
家ロケで身を削る
オークションサイトに自分のサイン
?世界観芸人?との格差
素人に負ける切ないハロウィン

2 下を向いて歩こう
芸人が絶望する夜
一発屋は最底辺の最高峰
暴走する?おいしい?
「やっぱり駄目か」の連続を生きる
人生諦めが肝心
?乾杯?の瞬間
負け人生を差し出すということ





内容(「BOOK」データベースより)

人生、諦めが肝心である。これはエッセイか、それともただの愚痴か。









商品の説明をすべて表示する
[ 自炊の種 関連リンク ]

山田ルイ53世 の全ての作品をチェックする
この本はアイコンの店舗に自炊の種として置いてあります。
ご来店いただき スキャンブース利用料 だけでスキャン・電子書籍化する事が出来ます