自炊の森 自炊スペース スキャンスペース 電子書籍化 裁断サービス 秋葉原

What's new

新着情報


自炊の森はキャッシュレス決済で
5%還元の事業者です
※10/21からようやくLINE Payも
適用となりました

アルバイトを募集しています。仕事内容は受付/ブースの使い方説明等。時給1,040円~&自炊無料特典!!
詳細はこちらから確認

秋葉原店入荷予定公開 (2019/10/23)

コミック・ラノベの入荷スケジュールは
こちらのリスト でご確認ください。


キャッシュレス決済導入のお知らせ

PayPay, LINE Payの2つのキャッシュレス決済を導入しました。ご利用ください。
詳しくは こちらでご確認ください。


宅配裁断返送料改定のお知らせ

宅配業者の料金改定に伴い返送料金を改定させていただきました。

1箱 1,600円~(地域による)
詳しくは こちらでご確認ください。


【 営業時間 】

      秋葉原店   秋葉2号店
月~木   15:00-22:00 休み
金     15:00-22:00 18:00-22:00
土曜    13:00-21:00 13:00-21:00
日曜/祝日 13:00-20:00 13:00-20:00
定休日   なし     月/火/水/木

Books

自炊の種

自炊の種 書籍情報
日本代表とMr.Children [ 宇野維正 ]を店内在庫本で電子化-自炊の森

日本代表とMr.Children


日本代表とMr.Childrenの電子書籍・スキャンなら自炊の森-秋葉2号店

作者  宇野維正

発行  ソル・メディア 

定価  1,677円   初版  2018-11-28   頁数  280頁

参考

重さ  約325g ※実測値と誤差がある場合があります

ブース利用料 約460円 ( 購入よりも1,217円お得! )


Kindle本をチェック

※AmazonAPIの仕様変更のためシステムでチェックが出来なくなりました。右の画像をクリックしてAmazonの個別ページでKindle本の存在確認をお願いします
日本代表とMr.Children [ 宇野維正 ]を店内在庫本で電子化-自炊の森


内容紹介

2つの国民的コンテンツが交差した場所から探る
「平成」のムードとスピリット。

ミスチルに支えられた日本代表
サッカーに救われた桜井和寿

宇野維正×レジー
footballistaが贈る「サッカーと音楽」


時を同じくして国民的コンテンツに成長
1993年のJリーグ開幕、初出場となる1998年フランスW杯から6大会連続出場で常連国となったサッカー日本代表。一方、1993年「CROSSROAD」が初のドラマ主題歌となり、一躍日本音楽界のトップランナーへ、そこから現在に至るまで時代の先頭を駆け抜けてきたMr.Children。

相思相愛を超えた深い結びつきを紐解く
桜井和寿はフランスW杯で「10番」を背負った名波浩との出会いをきっかけに、サッカーにのめり込んでいく。それから20年後のロシアW杯は長谷部誠を筆頭にした「ミスチル世代」の集大成の大会だった。日本代表とMr.Children――2つの国民的コンテンツが交差する場所から探る「平成」のムードとスピリット。そして、その先に見える風景とは――?

『小沢健二の帰還』『くるりのこと』『1998年の宇多田ヒカル』の宇野維正、『夏フェス革命―音楽が変わる、社会が変わる―』のレジー両氏が、事実をもとに真摯な考察で紐解く。

「平成」という時代を象徴する、日本代表とMr.Childrenの“自分探しの旅”


<目次>
序章ミスチル世代とは何か?

第1章JリーグとJポップの共犯関係
イノセント・ワールドにJリーグがやってきた
ミスチルが国民的バンドになるまで
みんな日本代表に夢を見ていた
JリーグがなければJポップはなかった!?

第2章1998年のMr.Childrenとフランス大会
『深海』に潜った先にあったサッカーとの邂逅
フランス大会アジア最終予選の熱狂
初めてのワールドカップと世界の壁
名波浩との交流から生まれた「I'LLBE」
「終わりなき旅」の呪い

第3章中田英寿が変えたもの
「LOVEはじめました」で中田の名前が歌われた理由
「君が代」騒動と「自分らしさ」
サッカー界に流れ込んできた文化人たち
ワールドカップ日韓大会の傷跡

第4章日本サッカーの日本化、Mr.Childrenの日本回帰
上昇気流が止まった日本代表
ミスチル受容の変化
オシムが提唱した「日本サッカーの日本化」

第5章長谷部誠とはMr.Childrenである
日本代表の生き字引
持続可能な社会、持続可能なミスチル
『心を整える。』とは何だったのか?

第6章本田圭佑というMonster
繰り返された「ワールドカップ優勝宣言」
事務所分社化で縮まったミスチルとサッカーとの距離
ピッチの上の起業家、本田圭佑の功罪

第7章「自分らしさ」の檻
ソーシャルメディア時代の日本代表
ハリルホジッチ解任と長谷部のキャプテンシー
ミスチルが辿った2010年代の「進化論」
「自分らしさ」の檻からの解放

終章平成が終わった後の日本代表とMr.Children


<著者プロフィール>
宇野維正/KoremasaUno
1970年、東京都生まれ。映画・音楽ジャーナリスト。音楽誌、映画誌、サッカー誌の編集部を経て、2008年に独立。著書に『1998年の宇多田ヒカル』(新潮社)、『くるりのこと』(くるりとの共著、新潮社)、『小沢健二の帰還』(岩波書店)。編著に『nakata.netITALYWALK』(角川書店)、『apbankfes'09officialdocument』(ポプラ社)など。

レジー/regista13
1981年、千葉県生まれ。会社員兼音楽ブロガー・ライター。2012年に立ち上げた「レジーのブログ」での音楽シーン分析が話題となり、その後は一般企業勤めと並行して複数の雑誌やウェブメディアに寄稿。著書に『夏フェス革命―音楽が変わる、社会が変わる―』(blueprint)。Mr.Childrenファン歴、柏レイソルサポーター歴ともに約25年。




内容(「BOOK」データベースより)

ミスチルに支えられた日本代表、サッカーに救われた桜井和寿。2つの国民的コンテンツが交差した場所から探る「平成」のムードとスピリット。footballistaが贈る「サッカーと音楽」。









商品の説明をすべて表示する
[ 自炊の種 関連リンク ]

宇野維正 の全ての作品をチェックする
この本はアイコンの店舗に自炊の種として置いてあります。
ご来店いただき スキャンブース利用料 だけでスキャン・電子書籍化する事が出来ます