自炊の森 自炊スペース スキャンスペース 電子書籍化 裁断サービス 秋葉原

What's new

新着情報

宅配裁断代行の発送について

8/11~8/15は宅配業者の都合により
発送が出来ませんので、8/16以降の
発送になります。


【 NEW 】営業時間変更のお知らせ

8月1日(水) から営業時間を下記の通り変更させていただきます
      秋葉原店   秋葉2号店
月~木   15:00-22:00 休み
金     15:00-22:00 18:00-22:00
土曜    13:00-21:00 13:00-21:00
日曜/祝日 13:00-20:00 13:00-20:00
定休日   なし     /火/水/木


秋葉原店での予約を受付開始!!

秋葉原店のスキャンブース予約を始めました。ご利用下さい
→ 秋葉原店スキャンブース予約


秋葉原店入荷予定公開 (2018/08/07)

コミック・ラノベの入荷スケジュールは
こちらのリスト でご確認ください。


廃棄予定本情報

廃棄情報はツイッターで告知します。過去の廃棄情報ツイートチェックは こちらでご確認ください。

Books AKIBA2

秋葉2号店の自炊の種(在庫本)

自炊の森にはマンガ、文芸書、専門書などの蔵書「自炊の種」スペースが併設されており、手ぶらで来店しても自炊を体験していただけます。自炊の森なら自分の本を裁断しなくても「自炊の種」の在庫本を活用して電子書籍をゲット出来ます!

自炊の森なら、自分の本を裁断しなくても「自炊の種」の在庫本を活用して電子書籍をゲット!
秋葉2号店 新規入荷情報

秋葉2号店に新しく入荷した自炊の種を表示しています。(新刊本以外も対象です)


該当データ:71件 1/6 [ → ]
日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッドの電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店スタンフォードの教授が教える 職場のアホと戦わない技術の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成30年度の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店社会人のこれは使える名前の由来の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店子どもが聴いてくれて話してくれる会話のコツの電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店事例でわかる発達障害と職場のトラブルへの対応の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店
なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店「育成強国」ドイツが提案する ジュニアサッカー指導の手順と練習法の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店「プロジェクトマネジメント」実践講座の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店よくわかるシステム監査の実務解説の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店RFP&提案書 完全マニュアル 改訂版の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店自尊心を育てるワークブックの電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルールの電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店
残念な職場 53の研究が明かすヤバい真実の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店もし部下が発達障害だったらの電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店旧約聖書の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店戦略がすべての電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店親の「 老い 」を受け入れる ~下町医師とつどい場おばはんが教える、認知症の親をよくする介護~の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店あなたの会社が最速で変わる7つの戦略の電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店WIN-WIN-WIN  「合法」ネットワークビジネスが超高齢化社会を救うの電子書籍なら自炊の森-秋葉2号店
該当データ:71件 1/6 [ → ]
秋葉2号店の在庫本検索  

タイトル名はカタカナやアルファベット表記が混在しています。(JISUI 、ジスイ、じすい など)

検索キーワードは一部の文字でも検索可能です。(JIS、ジス、じす など)

アルファベットは大文字、小文字は関係なく検索出来ます。(JIS、jis、Jis など)

タイトル:  作者 :
自炊の種

裁断済み書籍の利用方法について

著作権法により、著者の許諾無しに無断で複製はできません。 但し、第三十条により、自分で使用する為に使う物が自分で複製する限り複製できると定めておりますので、私的に楽しむ為にご自分で複製できます。

(例:購入した本をiPhoneで読める様に電子化する)

 

(私的使用のための複製)
第三十条 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、その使用する者が複製することができる。