自炊の森 自炊スペース スキャンスペース 電子書籍化 裁断サービス 秋葉原

What's new

新着情報

秋葉原店入荷予定公開 (2017/11/14)

コミック・ラノベの入荷スケジュールは
こちらのリスト でご確認ください。


廃棄予定本情報

廃棄情報はツイッターで告知します。過去の廃棄情報ツイートチェックは こちらでご確認ください。


【 営業時間のお知らせ 】

      秋葉原店   秋葉2号店
平日    14:00-22:00 17:00-22:00
土曜    13:00-22:00 13:00-22:00
日曜/祝日 13:00-21:00 13:00-21:00
定休日   なし     火 / 水 / 木
            (祝日は営業)

Books AKIBA2

秋葉2号店の自炊の種(在庫本)

秋葉2号店の自炊の種 書籍情報
Puppet[設定&管理]活用ガイド[ 菅原亮 ]の自炊(電子書籍化・スキャン)なら自炊の森 秋葉2号店

Puppet[設定&管理]活用ガイド


Puppet[設定&管理]活用ガイドの電子書籍・スキャンなら自炊の森-秋葉2号店

作者  菅原 亮

発行  技術評論社 

定価  0円   初版  2017-08-24   頁数  368頁

参考

重さ  約670g ( ※実測値と誤差がある場合があります )

ブース利用料 約800円



内容紹介

サーバーやネットワーク機器などの構築・管理の自動化に注目が集まっています。Puppetは構成管理ツールの中でも歴史が古く、実績があるツールです。Puppetは、専用言語でマニフェスト(システムのあるべき状態)を記述するため、その習得コストはかかるものの、開発担当と運用管理担当が異なることの多い日本の現状に適したツールと言えます。本書はPuppetの基本から利用事例・ベストプラクティスまで、経験豊富な著者が蓄積したノウハウをあますことなく、かつわかりやすくまとめています。



著者について

■菅原亮(すがはらりょう)
2005年に株式会社NTTデータ入社。2012年よりインフラ自動化関連プロジェクトに着任したのをきっかけにPuppetを知る。2014年にPuppetドキュメントの日本語化を通じてPuppet社との関係が始まり、周囲の協力も得て2015年日本で初めてのPuppetユーザ会を設立、初代会長として現在も日本でPuppetを広めるために尽力している。

■落合秀俊(おちあいひでとし)
2001年に株式会社NTTデータ入社。2009年にHadoopのプロジェクトで初めてPuppetに触れる。NTTOSSセンタと共にPuppetの設計手法の汎用化を行い、そのノウハウをベースに複数の大規模プロジェクトでPuppetの適用を実施。2017年現在、日本のIT産業の脱3Kを目指し、社内の公共・社会基盤分野のプロジェクトにインフラ自動化の推進を行っている。

■佐々木優太朗(ささきゆうたろう)
2009年に株式会社NTTデータ入社。入社以来、金融、公共の大規模ミッションクリティカルシステムのインフラ開発・運用に従事。また、インフラのベストプラクティスを社内に普及展開する活動の中で、インフラ自動化技術を活用し、その効果を肌で実感。2016年に社内の開発環境を集約した「統合開発クラウド」でPuppetを活用。現在は、本書執筆を陰で支えてくれた妻に感謝しつつ、インフラ自動化の普及展開に奮闘中。

■横山浩輔(よこやまこうすけ)
2010年に株式会社NTTデータ入社。2012年にHadoopを利用するプロジェクトに参画した際、システム基盤の構築、維持管理で初めてPuppetを利用。以後幾つかの大規模プロジェクトでPuppetを主とした基盤自動化技術を担当。その他、過去にNagiosでのHadoop基盤監視やVMwareNSX(旧NiciraNVP)の技術検証など担当。

■黒岩良太(くろいわりょうた)
2012年に株式会社NTTデータ入社。2015年に大規模プロジェクトに参画した際、初めてPuppetを知り、Puppetを活用したシステム基盤の構築および維持管理を担当。その他、過去にパブリッククラウドサービス(AWS、Cloudn)の比較検証や、大規模プロジェクトにおいてジョブネット設計(JP1)などを担当。


[ 自炊の種 関連リンク ]

菅原 亮 の全ての作品をチェックする
この本はアイコンの店舗に自炊の種として置いてあります。
ご来店いただき スキャンブース利用料 だけでスキャン・電子書籍化する事が出来ます